この冬スキー場で楽しく仕事が出来る求人募集をご案内します

スキー場の求人はどこで探したら良いのか

スキー場の求人は12月に入ると、新聞の折込チラシ、安定所の求人票にそれぞれ名前を見ることができるようになります。どちらも雪が積もっている時期限定なので、短期アルバイトという形になります。新聞の折込チラシは12月末から1月初旬にかけて、スキー客が沢山やって来ることから、その手前の時期に広告を入れることが多いです。募集に応募すると集団面接となりますが、スキー経験者なら即採用される可能性が高いです。安定所の求人は、募集に応募する時は受付に求人票を持って行くと、受付のほうで面接手続きをしてくれます。ただ、面接会場がスキー場の時は、車のタイヤにチェーンを巻く必要があるので注意です。ですが、スキー場がオープンしているのなら、バスもそちらへ向かうと想定されます。そのため、バスを利用すれば安全に向かうことができます。

スキー場の求人はシーズン前に新聞の折込チラシで募集をする

スキー場の求人は、早ければ11月下旬に新聞の折込チラシで募集を開始することがあります。雪が積もらなければスキーが滑れないため、広告を見かけるようになるのは、12月になってからのほうが多いです。広告の紙にはスキーを滑っている絵が大きく載っていて、その横に勤務時間や時給などの紹介が書いてあります。求人に応募するには、チラシに書いてある電話番号に電話をして面接を申し込み、履歴書と印鑑を持参して面接会場に行きます。スキー経験者が優遇されますが、未経験者でもやる気次第で採用してくれるので問題ないです。時給は地域により異なりますが、900円から1100円の間で、他にも交通費や飲食代の手当てがつきます。従業員用の送迎バスを運転できる時は、送迎手当も給料に加わります。

12月になると安定所にスキー場の求人の名前が出てくる

12月になり寒い時期が増えてくると、安定所のほうに自然とスキー場の求人の名前が増えてきます。募集に応募するには、求人票を受付のほうに持っていき、面接を希望すると言えば受付が処理をしてくれます。ただ、面接に行く時は、スキー場へ移動をしなければいけない場合があります。その時は、車のタイヤにチェーンを巻かせないとスリップしやすいので注意です。また、スキー場がオープンしている時は、お客を運ぶためにバスが運行していることがあります。そのため、面接に行く時はバスを使うと安全に移動できます。仕事の内容は主にスキー場で滑るスキー客の安全確認、危険個所へ立ち寄らないように監視、または休憩所の中で受付をすることです。仕事の期間は1ヶ月から3ヶ月の間で、長く働ける人ほど給料面で優遇措置を受けられます。